10,000円(税込)以上のご購入で全国送料無料 | お電話でのお問い合わせ【平日】10:00〜17:000120-39-8240

酒造りへのこだわり

今月のこだわり酒




寒造りの日本酒は“旨味が凝縮”



寒くなる季節は、お部屋もお料理も温かくなります。そんな季節にピッタリの日本酒が「しぼりたて」です。

以前は四季それぞれで日本酒造りが行われていましたが、もろみづくりなどの工程では、低温の方が酵母に効果的な活動をうながすことから、冬場に行う「寒造り」がもっとも品質が良く、かつ腐りにくいというメリットがあることが分かりました。
冬場の日本酒製造において、特に早朝作業は辛苦をともなうもの。
四季の中でもっとも過酷な環境の下で造られているからこそ、「寒造り」による日本酒は旨味が凝縮。
現在では主に冬を利用した寒造りが一般的となりました。







一度も火入れしない“本生”






「寒造り」では、凍える寒さの中、発酵が終わる後半で、どろどろの液体状のもろみを搾り、透き通った「酒」と固体の「粕」に分ける「搾り」と呼ばれる工程があります。この工程は、「あげふね」「上槽」「槽がけ(ふながけ)」などとも呼ばれています。
この「搾り」を行った直後のお酒が、今回ご紹介する「しぼりたて」です。

八鹿酒造の「しぼりたて」は、新酒の生酒。
一般的な清酒は火入れを2回行いますが、「しぼりたて」は一度も火入れしない搾りたての“本生”の状態を、そのまま瓶詰めしました。







冬の食卓を彩る、爽やかでキレのあるお酒





「しぼりたて」は、蔵元のある九重町で契約栽培した酒米「五百万石」を原料に、酸が穏やかで華やかな香りが特徴です。
火入れを行わないことで、本来の旨味を引き出すことができ、出来たてで若いままの、フレッシュで爽快、さらにキレのある味わいを楽しむことができます。
この冬本番から春先まで楽しめる、寒い季節に一押し、旬の日本酒です。

室内を暖かくしている冬場。料理も鍋や、おうどんなど温かいものが多いことでしょう。
全体的に温かくなりがちな冬の料理お供に、爽快でフレッシュでキレのある「しぼりたて」はいかがでしょうか。



鍋類や脂の乗った魚介類にベストマッチ





鍋物だけでなく旬の食材にもよくあうのも「しぼりたて」の特徴。
冬に脂の乗るマグロや寒ブリなどの魚介類は、爽やかな味わいの新酒とベストマッチ。口の中をさっぱりさせてくれるので、知らず知らずにお酒が進みます。
飲み過ぎを防止するためには、お酒の合間に水を飲む「和らぎ水」をお忘れなく。
急激なアルコール吸収を抑制するので、深酔い防止になるほか、料理の口直しの効果もあります。
お米のほのかな甘みや旨みを感じながら、温かい料理、旬の食材とともに冬の食卓を彩ってみてください。
「しぼりたて」は、冬のこの時期にしか楽しむことができない日本酒です。
この機会にぜひ、新酒の瑞々しさを味わってみてはいかがでしょう。
日本酒が少し苦手だと思っている方にも、ぜひ「しぼりたて」はオススメしたい一杯です。





コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ